料理は時間の無駄だって思っているので計算してみた。

スポンサーリンク

全然「女子的な話」じゃないんだがww

女性の皆さん、料理はしますか?

私ですか?しますよ。

主婦歴も四半世紀に近づいてきましたからね。

スポンサーリンク

一体、一日の内の何時間を料理に費やしているのか

ふと疑問に感じたので計算してみた。

この先は、全くもって主婦にも家庭にも向いていない喪女のつぶやきもとい、そんなに生易しい可愛いもんではないヒステリックな叫びです。

気に入らない予感がする人は「そっ閉じ」でよろしくね(ニコーリ)

私の場合なので何も参考にもなりやしませんあしからず。

まず、朝ごはんに20~30分

大体、6時半くらいに起きてお弁当を一個作る。そしてわけあっておにぎりを二個。うち一個は私の昼ごはん用に弁当として職場へ持参される茶碗一膳分くらいのおにぎり。具はその日による。ま、私の昼ごはんはおにぎり一個なので、それはあまり手間は掛からない。

しかし、この時点ですでに20分~30分くらいは費やすのです。朝ごはんはパンを焼いて食べるだけなので、ノーカウントしときます。

昼は出かけているので作らない

平日はそうですが、休みの日は、ここで30分くらいは使いますか。

何が嫌って、休日は朝ごはん食べながら「昼ごはんは何をしよう」って考えて、昼ご飯を食べながら「夜は何にしよう」って考えてることが最悪ですよね。

なんか、ずっと食べ物のことを考えてないといけないっていう。

30分くらいって私なんかは、料理に時間を掛けてない方ですが、世の中の真面目な奥様方は、1時間くらいかけて丁寧に準備される方もいらっしゃるのでね。

趣味だったりして苦にならなかったらいいけど、そうでなかったら苦痛でしかないしもはや苦行。

夜が一番難関

私が一番恐怖を感じるのが晩ごはん

晩ごはんって、ちょっと品数を作ったりする家が多いと思うので、軽く1時間は掛かるんじゃないですかね?

それで食べるでしょ。

小一時間くらい。

で、ここからがもっと難関の後片付け。

料理がどうのこうのってのももちろん論点なんですけど、これがね。この後片付けがね。クセモノですわ。

計算してみると、用意から食事、後片付けまで、軽く2~3時間は掛かるってことですよ。

2~3時間あったら何が出来るんだろう。

ってことは1日に3時間は台所にいるのか

計算するんじゃなかった…!

お片付けが終わるまでがお料理だと考えると何てことかしら!

3時間あったら何が出来る。記事の2~3個でも準備出来るわな。

わー本当に時間の無駄。

元々食べることに興味がないので、本当に食べるのも作るのも面倒くさい。

ご飯なんて、白米炊いて置けば納豆でも海苔でも全然御馳走じゃないか。

家事は料理だけじゃない

それに加えて、掃除や洗濯もあったら、女は大変よ。

男は仕事が大変とか言うかもしれないけど、私、普通にフルタイム働いてるので自分の為に使う時間が料理や家事の為に削られていくのはマジで辛い…!

働いている主婦が多いから「時短家事」とか流行るんでしょうねえ。

こんなことを書くと主婦失格とか女やめろとか言われる

そうそう。昔、まだ若かった頃の話。私は元々小さい子供とはどう接していいのかわからないので、「子供は苦手」って言ってたんですよ。ばりばり本音。

そしたら、知り合いの男の子に「そんなこと言うと、あまり印象が良くない。女らしくないし冷たい女みたいに感じる」って言われたことがあるんですよ。

は?

そんなことを言うあなたの方が思考が偏っているし、冷たい男に感じるわって心の中で言っときました。ええ、心の中で

なので、料理が嫌いとか時間の無駄とか言うと、女のくせに何言ってんだって言われるかもしれませんねえ。(実際に言われたことあるし)

何でしょうね。

女はこうだっていう固定観念。

そこに料理とか家事も含まれるとなったら、わたしはもうオッサンになるからいい

してあげようと思えないから致命的?

そもそも、誰かのために何かを作ってあげようとか思えない( ゚Д゚)

家族は全員好き嫌いが多いので、何を作っても別に喜ばないし、ご飯食べる時もテレビばっか見てるし、あれ、何食べててもわかんねえよきっと!

好きな時に机に向かって好きなことをして、好きなタイミングで勝手に食事をしたいんですけどね。そういうわけにはいかないので。

あーでも、3時間か…。

さんざん手抜きしてて、お弁当も真面目に作っていないような私でも料理にまつわる3時間を消費している。真面目な奥様はもっと時間を使っているってことね。

その3時間をもっと有効に使いたいよね。

あ、そもそも時間の無駄なんていうネガティブな発想はないのかもしれん。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ