結婚を就職として考えるのは有り。でも、わしはオッサンになりたいねww

スポンサーリンク

「オッサン」になりたいと言うのはちょっと違うかもしれない。

何もしなくていい人になりたいだけww

スポンサーリンク

ドラマ「逃げ恥」の結婚就職

「逃げるは恥だが役に立つ」というドラマが流行りましたよね。ガッキ―と星野さん。

実は、漫画もドラマも見てないんですけど、ニュースになってたし、視聴率の件で放送後は話題に上っていたので知識として存じております。

昔、結婚が永久就職と言われたこともありましたが(最近は離婚率も高いので、永久就職ではないですが)、要はそれをリアルに契約したってことで間違ってませんね?

お互いの利害関係の一致により。

就職としての結婚

素晴らしい

法的にどうだとかそういう話はこの際抜きです。これもニュースで議論されてましたから、まあ、色々法的に問題のある部分もあるのでしょうが。

家事や旦那のお世話に給料が発生する。これは生活費と考えても、プラスお小遣いをもらう人もいるでしょうし、価格はね。その家庭によるとは思いますが。

羨ましいね。専業主婦。兼業主婦は家事が無償だから腹が立つんですよ。

しかも、旦那の扶養に入るということは、保険年金の支払いの心配もないし、(社会保険完備ってやつですね♪)籍を入れれば相続も生まれる。(これはプラスの遺産があると考えての発言です)

退職金もあるって考えでいいんじゃないの(ちょっと乱暴発言でごめんなさい)

そのうち人間愛になるんだから

若いうちは、愛だの恋だの鬱陶しいことを言ってたって、付き合いの年数が増えて結婚生活も長くなって来れば、恋愛感情なんかどこかへ行ってしまうものじゃないですか。

いや、いつまでも新婚さんみたいに初々しく仲良しのご夫婦もいらっしゃいますよ。

私の知り合いにも数組いらっしゃいます。

もう結婚して二十年以上経過してますが誕生日や記念日には欠かさずプレゼントやお食事。

奥さん幸せそうですよ。そのカップルもね。

でもまあ、長く一緒に生活しれいれば、相手が空気みたいな存在になっていくものでしょう。

でも、それ、すっごい理想的だと思いませんか?

干渉され過ぎるのも面倒くさいし、かと言って好き勝手されて目の上のたん瘤みたいにイライラさせられるのも頂けない。

「空気みたいな存在」なんて素晴らしい

専業主婦も仕事

専業主婦は楽じゃないと思うが、給料もらって雇用と思えばいいんじゃない?
専業主婦のお給料ねえ。 いや、もろてますやん。 と言うのが私の正直な気持ちだが。 専業主婦で、自分は一銭も稼いでないのなら...

これこれ。これですよ。

専業主婦も仕事ですからね。

稼げる方が働けばいい

専業主婦が嫁じゃないといけないってことはないと思います。

専業主夫でもイクメンでも何でも構いません。

要は、稼げる方が外へ出て稼ぐなり何なりして、生活を支えればいいんじゃないの。

で、片方が家に家事専業でいればいいじゃないのという話。

稼ぐと言うのは、その家庭によって必要な金額も違うので色々なケースがあると思いますが。

結婚という形を昔のイメージのまま引きずってると、「そういうもんじゃない」と言われてしまいそうですが、もう既に時代はそんな時代じゃない

男はつらいよ?いやいや。

昔は男に生まれたかったんですね。

思春期の女子の中には、割と多数の女子がこういう願望を持っているんじゃないかと思います。

でも、男に生まれたら、将来家族を支えていかないといけない。責任ある仕事をして、一生社畜になるのか。

ふとある日恐怖に苛まれまして。

その日から、まあ、女でも悪くないなと思ったわけです。

でも、今考えてみれば甘い考えですよね。

実際、私は専業主婦になったこともなく、生活の為に数十年働いているわけですよ。

多分定年まで働くしね。もう男女関係ない

でも、三食家事付は羨ましいって話

同僚にすごく忙しい人がいるんですよ。

男性なんですけどね。職場から自宅も遠いので、毎日遅くまで仕事して早朝に出勤なさいます。

大変だなあ。と思ってみてるんですけどね。

彼、家に帰るのが午前様になったって、何もせずに寝れるんですよね。嫁がいるので。

掃除洗濯という家事は嫁がしてくれるので、自分は仕事をして職場と家との往復のみでいい。

なんと、何と羨ましい…!

最近、気付いたんですけどね。私の場合、働くのは全く苦にならないんです。

兼業で主婦をやるのがもうしんどいんです。

もう、男に生まれようが女に生まれようがどうでもいいわ。

用事をたくさんしたくない。誰かやって

だからオッサン志望です

結婚を就職に見立てて、嫁に行くという考え方は肯定派です。

でも、私は出来ることなら嫁を養って家事をしてもらってお給料を支払えるオッサンになりたい…!

雇い主になりたい方です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ