ロリポップでwordpressを上書きしてしまった!復旧が上手くいかない時にやること

スポンサーリンク

またです。

またやらかしました。

私が使用しているのは「ロリポップ!」のレンタルサーバーです。

ちなみにスタンダードプランです。wordpressを使いたかったので、データベースが複数使える方がいいと思って契約しました。

操作も簡単ですし、初心者向けです。

それで、先日、ちょっと試したいことがあったのでwordpressを簡単インストールしたんですね。

そしたら、既存のサイトが消えてしまい、新しく作ったサイトに書き換わってしまうという間抜けな失敗をやらかしました!

ネットで探して見ると、データベースが残っていれば復旧は5分で出来るという記事を発見!

早速、試してみることに。

スポンサーリンク

ロリポップの簡単インストールで上書きしてしまった

今回、失敗したのはこれです。

ロリポップは、簡単にwordpressがインストール出来るのですが、フォルダをしっかり設定しておかないと、上書きしてしまうんですね。

普通はこんな失敗はしないと思いますが、万が一困った時のために覚書しておきます。

記事は消えたがデータベースはあるはず

URLへアクセスしても、新しいサイトしか出てきません。

「hallo!world」というアレです。

冷汗かきました。

慌てて調べると、データベースが消えるわけではなく、wordpressを上書きしてしまった状態なので復旧は出来るはずとのこと。

wordpress復旧の手順

データベースを「phpMyAdmin」から探す

まずは、元々のサイトのデータがどこにあるのか探します。

まず、データベースにログインします。

複数のデータベースを作成している人は、一覧を見て、該当するデータベースを操作して下さい。

赤枠の部分はログイン時に必要です。

「パスワードを確認」をクリックすると、パスワードが見えますので、コピーするか書いておきます。

一番上に出ている「サーバー」も覚えておいてください。

データベースへログインします。

データベースの一覧が出てくるので、「wp(数字)_posts」を探す。

開いていくと記事を確認出来る

過去に何度もwordpressをインストールしていると、そのままのデータベースが蓄積されています。私の場合は、過去のインストール履歴を削除していなかったので、履歴画面で簡単に番号を確認出来ました。

(簡単インストールを開けると、下方に履歴が出てきますので、確認出来ます)

簡単インストールした際に、ちゃんと記録しておかないといけませんね。

該当する「wp(数字)_posts」を開くと、記事が確認できるデータベースがあるので、それが既存のサイトのデータです。

番号を覚えておいてください。

「WEBツール」→「ロリポップ!FTP」→「wp-comfig.php」を開く

先ほど確認した番号に、「wp-comfig.php」の中の記述を修整します

書き込みを変更する手順

図のようにチェックが入ってるので、「オーナー」の「書き込み」にチェックを入れ、現在の属性が「400」から「600」になっていることを確認して一旦保存。

これで書き込みが出来ます。

ファイルの中から「WordPress データベーステーブルの接頭辞」と書かれている部分を探します。

$table_prefix  = ‘wp(数字)_’;

数字の部分を確認してある番号に書き替えて保存。

で、以前の記事が復活!のはずです。

復旧出来なかった

普通は上記までの作業で完了です。色々な記事を見てまわりましたが、簡単に復旧出来ると書いてあります。

単純なことですので、簡単に復旧出来て当たり前なのです。

だけど、私はエラーになってサイトが表示されません。

そもそも、設定しているデータベースが違う

そりゃあそうです。

この時点で確認したデータベースの通りに記述されてないと、いくら「WordPress データベーステーブルの接頭辞」を変更したとしても、読み込みは出来ません。

当たり前ですよね。

新しいwordpressは新たにデータベースを作成しているので、前とは違うんです。

でも、何せテンパっていたのでわかりませんでした。

何個もデータベースを作っているので、今回も新規で作ってからインストールしてるんですね。

なので、私のような心あたりのある方は、上記の修整だけでは復旧しません。

以下の情報も書き換えて下さい。

全て正しいデータベースの指定にして、尚且つ「WordPress データベーステーブルの接頭辞」がきちんと記述されていれば、記事は復活します。

複数のデータベースを作成している方は以下の情報も書き換えて保存をして下さい。

  • 「データベース名」
  • 「データベースのユーザー名」
  • 「データベースのパスワード」(ログインする際に確認したもの)
  • 「データベースのホスト名」(覚えておいて下さいと書いていたサーバー)

私も復活しました。

そんなこと気付くでしょう!と思われるかもしれませんが、データベースの場所なんて、いつも意識してないですし、わかりませんでした。

これで無事にwordpressが以前の状態に復帰出来ました。

良かったです。

こんな失敗は誰もやらかさないとは思いますが、データベースってすごいですね。ちゃんとバックアップを取っておこうと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ



コメント

  1. まさぽん より:

    不覚にもロリポップのワードプレスの上書きをしてしまい途方に暮れていたところ、ネットで様々な対処法がアップされている中で、一番丁寧に復旧の仕方が記載してあり、無事復旧することができました。
    大変助かりかました。ありがとうございました。

    • ohagi より:

      まさぽん様
      コメントありがとうございます。
      無事に復旧されて良かったです。
      こちらこそ、お知らせ頂いてありがとうございました。