携帯の名義変更には気を付けろ。私がやらかした3つの失敗とその後

スポンサーリンク

携帯の名義変更ってしたことありますか?

私は有ります、というか今回初めてしました。

何故かというと、私が携帯の契約などをあれこれリサーチして決めるのに、契約は旦那に行ってもらわないといけないという面倒くささにピリオドを打つためです。

しかし、しかし私は今回大きな失敗を3つもしてしまいました。

簡単に言うと、名義変更に関わる諸々の確認を怠ったばかりにお金を損したという話なのです。

これから名義変更をお考えの方は、私のような失敗をなさいませんように。。。

スポンサーリンク

そもそも携帯電話の名義について

まず、名義変更とは何でしょうか。

皆さま、携帯電話を家族で複数回線お持ちですよね。

それって誰の名前で契約していますか?

複数あっても、家族だったら大抵の場合はご主人もしくは奥様がまとめて契約者となっている場合も有ります。

使用する人が違う人でも、回線名義が同じで、その人が複数回線所有しているという状態ですね。

または、家族全員がご自身の名義で1回線づつ持っている、というご家庭も多いかと思います。

要は、誰がお金を払って誰が携帯の主導権を握っているのかというところにウエイトがあるとは思うのですが。

うちの場合、もう長い間、家族の回線は全て旦那の名義でした。

一番最初に携帯を契約した際のままだったんです。

複数回線を一人が所有しているという形ですね。

名義のメリットは各家庭によって違う

バラバラで契約している方が、扱いやすいという家庭も有れば、うちのように携帯のキャリアのリサーチ云々や主導権は全てわたくし、という家庭も有ります。

そうなんです。

私が全ての主導権を握っているのに、名義だけが旦那の名義。

こんなに面倒くさいことは有りません。

問い合わせの電話一つ掛けるにしても、いちいち電話口で旦那に電話をしてもらってから、変更の意思確認だの認証だの、本当に面倒なことばかりなんですよ。

なので、今回キャリアを変えるに当たって、名義変更をしようと思い立ちました。

一つ目の失敗は私の確認不足

これはもう、私が悪いんです。

3回線旦那の名義だったので、キャリアを変更するタイミングで、すべてを私の名義に変えようとショップ店員に相談しました。

名義変更なんてしたことがないので、一体名義変更のタイミングはいつが良いのか聞いてみました。

すると、「今、出来ますよ?」と言う返事だったので、サクッと名義変更しようと思い立ちました。

…正確に言うと「したつもり」だったんですよね。

確かに確認して下さいと言った私の携帯電話番号の名義は「旦那」から「私」に書き換えられていました。

私の使用している回線に関してはね。。。

しかし、旦那ともう1回線は旦那の名義のまま残ってしまったのです。

いや、確認したのは私じゃないけど、私も横からしっかり見てればよかったのですが。

確認作業って大事ですよね。

何でもそうですが、「間違ってないはず」という意識が働いてしまうのは確かです。

これはもう、こちらが悪い。

で、仕方なく名義の違う携帯電話が2本と1本出来てしまい、今まで以上に面倒くさい新キャリアのスタートとなったわけです。

二つ目の失敗

携帯電話を契約する際に、特典を有効にしたいがために色々なオプションを付けて下さいって言われることがありますよね。今回もそれでした。

で、そのオプションを解約するのと同時に名義変更をすればいいという噂を聞きつけ、またまた今度は別のショップへ。

最初のショップへ行くのがちょっとためらわれまして。

詳しくは書きませんけど、実は別の回線を契約時にトラブってしまって。信用出来なくなってしまっていたんです。でも、今思えばこれも失敗の元だった。

今思えばですよ。そんなの、当時は気づくわけがない。

カウンターで名義変更のことを告げ、手続きは滞りなくサクリと済んだんですが、問題はその後でした。

やはり契約時と名義が変わるわけなので、変更されることによってプランが変更されてしまったり、料金が変更になったりすると困るので、かなりしつこく確認をしたつもりです。

そしたら、変更したかった2回線のうち、1本は学割を適用しているので名義変更すると学割が終わってしまうとのご指摘。なので、ややこしいことに旦那の回線のみ私の名義に変更して、またまた1回線の旦那の名義が残るという。何をやってるんでしょう。

結局何も改善していないという無限ループ。

だが、事件はその後起こった

これはショップには非はないお話らしいので、全面的に私の認識不足と言われてしまった案件です。

実は名義変更をした時点で、契約時のキャッシュバックの特典をまだ受け取っていなかったんですよね。

気付いてなかった。

名義を変更すれば契約自体が変わるのでキャッシュバックも消滅します。当たり前です。

でも、名義変更と言うのは、とても重要な変更になるのでもとに戻すことが出来ないんですよ。これも当たり前だけど。

キャッシュバックや契約時の特典というのは、ショップごとに違うので、そこまで店舗では把握できないのでうちが悪い…のだそうです。

理屈はわかる。そりゃあそうです。

そのショップ独自の特典もあるでしょうし、そこまで店舗が違えは把握していないでしょう。

でも、どうしてもあきらめきれず、サポートに泣きついたら、ほんの一部だけだけど復活させてくれたauのサポートは神か…

シナリオがあるのかもしれませんが、「出来ません」の一点張りじゃないところがありがたい対応でした。

金額は大幅に下がりましたが、これはどうしようもないことでした。

忘れた頃に起こった3つ目の失敗とは

何が起こったかというと、1回線は学割が終わってしまうという理由で名義変更しませんでした。

でも残り1回線は特に影響はないというので名義変更しました。これが、前述したキャンペーン不適用になってしまった問題の携帯。

1年経ったら特典が終わった。

何で????

実は、1か月の携帯料金を2000円に抑えられるように設定したんですよ契約時に。

あれこれ特典を駆使しまして。

  • 毎月割
  • 家族割
  • 学割
  • スマートバリュー

普通は付けますよね。

ふと見ると、旦那の番号だけ料金が高い。割引が減っている。

問い合わせると、こんなことが判明。

  • 名義変更した際に、学割がなくなった。
  • 1年間は乗り換え割りが適用なので、割引金額は変わらず
  • 1年経過したので乗り換え割りが終わって、高くなった。

特典の内容確認を

1年間は金額が同じだったので気付いてなかった。

別件でサポートに連絡していた際に発覚したんだけど、一か月1500円位高くなるんですよ。

なので、サポートに泣きついたら、これに関してはショップでどんな説明をされているか確認出来ないので、こちらではどうしようもないということらしいです。

おっしゃる通りだ。確かに。

何でもかんでも事実関係を確認せずに対応していたら、まともなサポート出来なくなるのはわかる。

結局、サポートの言うところ、ショップに確認をしてからのお話になります。とのこと。

あの。

1年以上前のこと、覚えてませんよね。。。さすがに。

その時にいた店員がいるかどうかもわかんないんです。

でも、1年間1500円高くなるってことは、20000近く差額が発生するので、私としては納得いかない。

ですがもう、これは契約を戻せないのでどうしようもない。

サポートに言えば何かしら対策はあったのかなと淡い期待も抱きましたが、何せ「名義変更」という重大なことをろくに調べもしないでしてしまったのが大きな失敗でした。

名義変更は本当に気を付けて

家族間なら簡単にできますけど、気を付けた方がいいですよ。

携帯のショップの店員さん、特に聞かれなければ余計なことは教えてくれません。

自分であらゆるケースを想定して、かなり確認作業をしてからでないと絶対にしてはいけない変更だと思います。

とはいえ、学割はそのほかの割引制度などを利用していない場合は、あまり関係ないかもしれませんが。。。

複数回線有って、学割を適用していたり契約時に割引の設定がある場合は要注意です。

失敗を防ぐには、自分がどんな契約状況なのか、しっかり確認して理解していないといけないなあと考えさせられた出来事でした。

ソフトバンク携帯のりかえでどこよりも高いキャッシュバックを!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ